<   2008年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

白菜

d0002736_22324783.jpg一月が行ってしまいますね。そして私はとうとう風邪をひいてしまいました。

白菜を描きましたが、大きすぎてスキャンからはみだしてしまいました。
「また、白菜を丸ごと買ってしまいました。
食べきれないので、半分にして、その半分は白菜漬けに、もう半分はキムチにしました。
でもキムチは難しくて、上手く漬けられません。」
[PR]

by asitawosinjite | 2008-01-31 22:34

聞き上手

d0002736_21444642.jpg先日の「ためしてガッテン」は会話上手になる秘訣みたいなことをやっていて、たいへん面白かったですね。
人を楽しませるために話すときは、表情豊かに。
自分が楽しそうに聞けば相手も楽しくなり会話が弾む。
相手の言葉の部分を上手く復唱して相槌を打てば、会話がスムーズに。
どれも分かっているようなことですが、あらためて言われると、なるほど!ガッテンですね。ミラーニューロンという言葉も新鮮でした。ミラーねえ。自分を映す鏡が自分の話を聞いてくれている相手なんですね。
[PR]

by asitawosinjite | 2008-01-29 21:52

下関のお土産

d0002736_23555742.jpg
職場の人のお土産の袋の絵を真似して描きました。
冷蔵庫に入れてあるのを忘れていて、賞味期限が10日も過ぎていましたが、
みんなに配りました。一番若いW君に2個食べさせて、
異常がなかったので上司のHさんも食べました。ほんとにもう・・・
[PR]

by asitawosinjite | 2008-01-27 23:59

鹿じゃないよ

d0002736_23535737.jpg
新番組「鹿男あおによし」を楽しみに見ているんですが、
出てくる鹿が、コーギーに似てると嬉しくしている
親バカです。鹿が顔の向きを変えずに耳をコキコキと動かすところが
似ています。あとお尻が白いところも。
でも、ドラマの内容もどうなるんかなと興味津々です。

ちょっと変な文章です。すみません(^_^.)
[PR]

by asitawosinjite | 2008-01-25 23:57

こま犬

d0002736_2242864.jpg
最近、少し大きめの和紙に書いています。日記代わりに適当なことを気の向くままに描くのも面白いです。
[PR]

by asitawosinjite | 2008-01-24 22:07

今日はおでん

d0002736_22293580.jpg絵とはちがいますが、今日はおでんをしました。
冬は毎日でも鍋料理でもいい家族なので、
一人暮らしをしている娘も、出て行くときに土鍋を買いました。
この春、家を出る息子も絶対土鍋を買う!と言っています。
ちょっと大きめの鍋でたくさん作って2日かけて食べるのだそうです。
もちろん2日目は雑炊とか、うどんとかするんだろうなあ。
[PR]

by asitawosinjite | 2008-01-22 22:29

里雪

d0002736_22212695.jpg

[PR]

by asitawosinjite | 2008-01-21 22:21

成人式

d0002736_18444162.jpg先週、娘の成人式で使った振袖を片付けました。
母が私のために作ってくれた振袖を娘が着てくれるというので、
暢気にしていましたが、もうすぐ成人式という季節になって、
袖丈が短いとか、帯揚げや半襟、髪飾りが今どきのじゃないとか
いろいろ気になることが出てきて、大慌てになりました。
私の行きつけの美容室の先生がいろいろ和装小物を工夫してくれたり、
母がお友達に頼んで袖丈を少しだけ直してくれたりして
結構今どきのイケル感じの振袖姿になりホッとしました。

新しい振袖が着たかっただろうと思うのですが、「お母さんの着物を着る」と 自分から言ってくれた娘に、                                     感謝したいと思います。
何よりのおばあちゃん孝行できました。
なんたって実は私、娘の頃からあまりそういうことに興味がなくて
成人式には地元にいなかったせいもあって、振袖を着なかったのです(^_^;)
[PR]

by asitawosinjite | 2008-01-20 18:47

食べても甘い!

d0002736_23253996.jpg
リンゴは甘さより歯ごたえがシャリっとあるのがいいです。

字の配置とか大きさとか難しいですね。
今年はそういうことが もう少し上手くなりたい。
[PR]

by asitawosinjite | 2008-01-18 23:27

物語

d0002736_2340126.jpgいつもの散歩コースに誰も住んでいないのに夜になると門灯がつく家があります。
一度、そこの家から出てきたおばあさんとお話をしたことがあります。
彼女はそこの家の主の妹ですぐ近くに住んでいるそうです。その主は彼女のお兄さんで、
故人だそうです。彼女は毎晩、門灯をつけにやってくるそうです。
今日も明かりがついていました。
どうして毎日そのようにするのか、彼女とお兄さんはどういう関係かとか
いろいろ想像の世界に入り込んでしまう私です。
門の周りには様々な樹木も植えられていて、手入れされています。
主はひょっこり帰ってくるかもしれません。
そんな時、明かりがついていたら嬉しいだろうなあ。
[PR]

by asitawosinjite | 2008-01-16 23:30